1. トップページ
  2. レースの流れ

レースの流れ

競馬場に行ってレースが終わるまでの全体の流れを皆さんご存知でしょうか。競馬場に行ったことのない方や競馬初心者の方にはレースが始まるまでの流れを把握しづらいと思います。ここではレースが始まるまでのパドックからゲートインまでの流れを詳しくご紹介しています。

パドック
パドックレース開始30分~40分前。パドック内を数週回った後に実際に騎手が騎乗します。パドックでは競走馬を間近に観る事ができますし、調教師や馬主、騎手の真剣な顔を見る事もできます。競馬場では、リアルな競馬を実際に肌で感じる事ができ、初心者の方は馬券を買わなくても初めは実際にレースを観るだけでも楽しめると思います。
本馬場入場
本場場入場レース15分前になると騎手が騎乗して本馬場に入場します。一つ前のレースで騎乗した騎手もまた、この時に騎乗することもあります。左の写真のように時には馬が暴れて騎手を落としてしまう場面もあります。本馬場入場時で見られる貴重な光景です。競馬新聞や前評判で人気の高かった馬やパドックで気になった馬は、マイナス要素がないか、など、入場時に細かくチェックしておきたいです。
返し馬
返し馬本馬場に入った馬がウォーミングアップを始めます。キャンターと呼ばれる駆け脚で実際に馬場を馬が走り出します。騎手などはその馬の抱える問題点をよく理解しているものです。騎手と厩務員の馬に対するアクションを見逃さず、問題点がなさそうかを探りましょう。
待機所
待機所屋根付きのスペースで「返し馬」を終わった馬から順に輪を書いて歩く、「輪乗り」を行います。ここでの様子は競馬関係者でなければあまり詳しくみることが出来ません。
ゲートイン
ゲートイン発走時刻が近づいたら待機所を出てゲートインします。この際、奇数番号の馬から順にゲートに入りますが、ゲート入りが苦手な馬は早めに入らせる場合もあります。

口コミ好評で今話題!注目の競馬予想サイト


PAGE TOP